水彩画 コツ

水彩画のコツについて

LibraさんによるイラストACからのイラスト

 

水彩画のコツは、プロや上手な人の描き方(技法)を真似ることです。

 

プロや上手な人の横に座って、同じ画材で説明を受けながら同じ絵を描くのが理想です。

 

絵画教室の個人レッスンでもなかなかできそうにありませんが・・・

 

もし、水彩画のコツを教わりながら、同時に描くことが可能だったらどうでしょう?

 

しかも、納得のいくまで何度も同じ絵を描くことができたら・・・

 

これについてはのちほどお話しします。

 

 

思ったような水彩画が描けない理由

思ったような水彩画が描けない理由の一つとして、透明水彩と不透明水彩の違いを理解しているかどうかというのがあります。

 

水彩画で使う絵の具は基本的に透明水彩、小学校の授業などで使う絵の具は不透明水彩です。

 

透明水彩の絵の具は、塗り重ねても下の色が透けてみえます。

 

これに対して、不透明水彩の絵の具を塗り重ねると、下の色が透けてみえません。

 

 

不透明水彩の絵の具を使うのも水彩画です。

 

しかし、透明水彩の絵の具を使うと、塗り重ねても下の色がみえるので、下の絵を活かすことができて立体的に表現できます。

 

このような透明水彩の特徴を覚えるのが水彩画のコツの一つです。

 

<水たまりができるのは>
透明水彩の絵の具を使用して、濃くするために何度も塗り重ねをしていると、変なところに水たまりができてしまったりします。

 

水たまりを防ぐコツは、明度の高い色を先に薄く塗ってから、濃くて暗い色を重ねると解決できることがあります。

 

また、濃くしたい部分は、デッサンの段階で影を入れておくのもコツです。

 

さらに、大、中、小の筆の使い分けも必要です。

 

 

ちょっとあげただけでもコツを知らないと水彩画を思うようには描けないことがわかります。

 

他にも、ハイライト(塗り残し)、上塗り、にじみ、ウェット・イン・ウェット、マスキングなどなど、いろんな技法があります。

 

しかし、コツ(技法)さえ知ってしまえば、こんな楽しい趣味はありません。

 

 

前置きが長くなりましたが、水彩画のコツがぎっしりつまった講座をご紹介します。

 

 

水彩画のコツを教えてくれる講座

教えてくれるのは画家の上西竜二先生。

 

上西先生は、数々の受賞歴があり、美術界からも高い評価を得ておられます。

 

また、ご自身でも絵画サークルや教室を主宰されていますので、初心者がつまずきやすい点を心得ておられます。

 

人気の絵画教室の先生が、あなたに水彩画のコツを教えてくれます。


 

上西先生の教室は、岡山県と広島県にあります。

 

ですが、多くの方は上西先生の教室に通うのは無理だと思います。

 

そこで、通うのはちょっと無理という方のために、DVDの動画が用意されています。

 

DVDなら、自宅にいながら好きな時間に、上西先生の水彩画レッスンを受けることができます。

 

1つの作品を描き始めから完成までとばすことなく、しかも細部にわたって収録されていますので、上西先生の真似をすれば美しい水彩画を完成させることができます。

 

 

デッサンの練習から始めると、どうしても「自分は絵心がないのではないか」と悩んでしまって、手が止まってしまう人がいます。

 

でも安心してください。

 

レッスンは上西先生の書いた下絵に色を塗ることから始まります。

 

ぬり絵感覚で始めますので、とてもハードルが低い水彩画講座になっています。

 

 

■上西竜二先生水彩画DVD講座■

 

 

水彩画のコツを教えるDVD講座の口コミ

 

上西先生の説明は大変わかりやすく、またプロの筆使いの細かい所まで見られるので大変感動しています。何度も見て練習をし、コツをマスターしたいと思います。(北海道Tさん/68歳男性)

 

絵手紙のサークルに入っていますが、もう少し大きな風景画を描きたくてこのこのDVDを買いました。絵の具の混ぜ方、筆の運び方、筆の使い方などは、目からうろこが出たような感じがします。絵手紙サークルの皆も急に絵のタッチが変わったのでびっくりしています。風景画はまだまだ納得するまで描けていませんので、何か足りないところがないか、DVDを見直して復習しています。(奈良県Eさん/70歳女性)

 

教材もよくできているし、売りっぱなしではなく、しっかりフォローのメールが来るのには感心しました。いつもどの色でどこから塗ろうかと思案していましたが、このDVDのおかげですぐに色塗りを始められるようになりました。作品の数もどんどん増えてきました。(福島県Mさん/55歳男性)

 

以前から水彩画を習いたかったのですが、「デッサン」というハードルがとても高いように思えて、なかなか始めることができませんでした。でもこの講座は色塗りから始めるというのを知って水彩画を始めることにしました。今では、自分は絵がうまいのではないかという錯覚になって、絵を描く楽しさがどんどん増してきました。デッサン編を少し見ましたが、すぐに挑戦したくなりました。(東京都Nさん/48歳女性)

 

 

■上西竜二先生水彩画DVD講座■

 

 

水彩画のコツが学べるDVD講座の値段

 

価格:29,800円(税別) 送料無料 代引き手数料無料

 

【色塗り編のセット内容】
・テキスト 1冊(A4版 43ページ)
・DVD 2枚(105分、74分)
・見本画(色塗り)とお題写真 各4枚(A4版)
・下絵画 4枚(A4版)

 

【デッサン編のセット内容】
・テキスト 1冊(A4版 42ページ)
・DVD 2枚(60分、95分)

 

【応用編のセット内容】
・DVD 4枚(91分、87分、75分、145分)
・見本画(色塗り)とお題写真 各3枚(A4版)
・見本画(下絵) 3枚(A4版)

 

<支払い方法>
・クレジットカード VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners

Diners以外は、3,5,6,10,12,15,18,20,24回払いが可能です。

 

・代金引換(代引き)
現金か・クレジットカードが利用できます。

 

・後払い
商品とは別に振込用紙が送られてきます。14日以内に、コンビニ、郵便局、銀行で支払います。

 

・銀行振込、郵便振替先払い
先に指定された銀行口座か郵便口座に入金します。確認がとれると商品が送られてきます。

 

・その他
楽天ペイ、Amazon Pay、Yahoo!ウォレット決済

 

 

水彩画のコツを教えてくれる

DVD講座

↓ ↓ こちら ↓ ↓

 

 

 

 

 

 

水彩画の道具−商品が届くまでに用意しておくもの−

講座で水彩画の道具の説明もありますが、商品が届いてすぐに始めたい方もおられると思います。

 

とりあえず、「色塗り編」のレッスンを開始するまでに用意しておく水彩画の道具をご紹介しておきます。

 

ご案内しましたように、「色塗り編」ではあらかじめ上西先生が書かれた下絵に色を塗っていきます。
※下絵は講座セットに付属しています。

 

最初に、チューリップの下絵に色をつけていきますが、購入者特典として、チューリップの色塗り用絵の具がプレゼントされます。

 

 

ただし、特典は期間限定であったり、在庫の状況によっては付属していないことがあります。

 

<商品が届くまでに用意しておくもの>
透明水彩の絵の具
12色セットでは色を混ぜて欲しい色にするのに最初のうちは悩むかもしれませんので、18色か24色セットをオススメします。

 

ホルベインというメーカーの透明水彩絵具は、発色がよく、塗りやすいのでプロや美大生も使用しています。

 

 

「ホルベイン 透明水彩絵具 24色セット」の価格は5,000円ほどです。

 

Amazonなら3,500円ほどで売られています。

 

 


 

上の写真のような丸筆(ラウンド)が、3〜4本あればいいと思います。

 

大きさは、4号、6号、8号、10号あたり。
※数字が大きくなるにつれて、筆が太くなっていきます。

 

獣毛や人工毛といった筆質は、のちのち気に入ったものを使えばいいです。

 

選ぶのが面倒だという方には、筆のセットをオススメします。

 


コリンスキー セーブルヘアペイントブラシセット(Amazon \1,999) 「コリンスキー セット」で検索。

 

 

パレット
水彩パレットもいろんな形や素材があります。

 

よく使うのは、折りたたみ式で、仕切りがあるパレットです。

 


クリエイト アルミパレット AP-1000 (26仕切り) 水彩用(Amazon \2,468)

 

 

筆洗
筆洗(ひっせん・ふであらい)は、身近にあるコップのようなものでもOKです。

 

筆を洗うための容器、筆をすすぐための容器、筆をつけておくための容器を用意しましょう。

 

水彩用の筆洗を買うなら、3つに区切られていて、取っての付いたのが便利です。

 


サクラクレパス 筆洗 コンパクト 角型 GS-FAG(Amazon \432)

 

 

ついでに買うなら水彩紙
最初は必要ありませんが、ついでに水彩紙をご紹介しておきます。

 

水彩紙のキメは荒目(ラフ)、中目(コールドプレスまたはノット)、細目(ホットプレス)があります。

 

水彩画を始めるにあたっては、中目の水彩紙がオススメです。

 

また、重ね塗りの練習をするには、紙の厚さは、厚口(300g)の水彩紙を選びましょう。

 

「ミューズ 水彩紙 ホワイトワトソンブロック F6」(Amazon \2,913)が使いやすいです。

 

 

以上です。

 

それでは水彩画講座はこちらです。>>>水彩画のコツが学べる講座

page top